水道の水漏れ箇所を特定するためのコツ

水道トラブルがどこで起きているのか、その場所を突き止めることは大切です。箇所を特定できれば自分での水漏れ 修理を含めてどう対応すればよいかも分かっていくものです。まず考えるべきは4つの可能性です。スピーディに状況を改善するために予備知識を備えましょう。

■水道の水漏れで考えられること

水道の水漏れが起きた場合はまず4つの箇所に問題がないかを確かめるようにしましょう。吐水口の場合はフィルターやカートリッジの汚れを疑った方がいいかもしれません。蛇口の根本から漏れている場合は部品と部品が繋がっている部分から水漏れしている可能性があります。部品の劣化や摩擦あるいは配管内部のつまりが原因に考えられるでしょう。ハンドルやレバーなどの繋がっている部分から漏れている場合も部品の緩みや部品が古くなったことなどが原因です。

■分解してから同じように組み立てる必要がある

どこから水が漏れだしているのか場所を発見して、自力で修理するという場合はすべて解体して元に戻す必要があります。修理後に経過観察もしないといけません。自分で直すのが難しいと判断する方もいるでしょう。確実な方法となるのは分解しながら写真を撮ることです。説明書があれば説明書の流れで分解をしていきましょう。


■まとめ
水道の水漏れがどこから起きているのか場所を発見する可能性を考える必要があります。自分で直す場合は分解してから同じように元に戻すことが大切です。自分で直すのが難しい場合は専門業者に依頼しての対応をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ