水漏れを水道メーターから判断するための一連の流れ

排水管から水漏れが起きている場合は、大きく原因が3つあります。異物をキャッチする排水トラップと下水管の間のゆるみや排水ホース自体の劣化、排水ホースと下水管の間のゆるみです。素早い対応はリスクを最低限に留めることができます。

排水管 水漏れの解消法

接合部分がゆるんで水漏れを起こしている場合は、ナットを閉め直すと解消できるケースが多いです。排水トラップの中にあるゴムパッキンは摩耗しやすいため、取り換えるのも一つの方法です。排水ホースも部品と工具が揃っていれば自分で簡単に交換しやすい部分です。



■早めの対応が肝心

水漏れを水道メーターから判断する流れを把握しておけば、専門業者に依頼しての対応をするかどうかの目安にもなるはずです。しかし、どうしてもどの箇所からか分からないという場合もあります。放置してしまうと水道料金が高くなるとともに、大幅な修繕が必要になる場合もあります。早めに対応することが大切であるのは間違いありません。毎月の水道料金が急激に上がるという場合は何かしらの理由があるのが普通です。しかし、何も思い当たる節がない場合は水漏れの可能性を考えるのがよいでしょう。



■まとめ
排水管のトラブルは部品交換であれば、自分で修理しやすいですが、元々設置してあった部品と同じサイズの物を購入してください。サイズが間違っていると水漏れが解消されず、また買い直さなくてはいけません。また水漏れしているかは水道メーターから判断できます。そして、水漏れの該当箇所を確定させる流れで行いましょう。確実なのは専門業者に依頼しての対応です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ